高速道路ETCゲート利用できず「一般ゲート」利用のデメリット

高速道路ETCゲート利用できず「一般ゲート」利用のデメリット

高速道路への出入りする際、ETCカードを持っていないと、ETCゲートを通過できないのは当然のことです。そうなると、現金支払の一般ゲートを探して、そこへ向かって一直線という走行になるでしょう。

ここで発生する問題が、一般ゲートを利用する車の大きなデメリットです。一般ゲートが少なくかつ、ETCゲートをいくつも横切らなければ、一般ゲートへ入れない場合は後ろからすごい勢いで迫り来る車に注意しつつ、一般ゲートへ進路を取る必要があります。

他車の走行車線を横切るような危険な走行は、できればやりたくないと感じるのが普通では無いでしょう。でも、一般ゲートへ入るためには仕方がないというのが、現金払いの悲しいところです。

私はETCカードを持っていないとき、何度もこのような危険な思いをしながら一般ゲートへ入るため、ETCゲートへ走行する車の走行車線を横切っていました。ほんと、冷汗ものです。

一般ゲートでは停止するため全体の時間が遅くなる

ETCゲートであれば、スピードを時速20キロメートル〜時速50キロ程度でノンストップ通過が可能なため、高速走行している速度を殺すことなく、混雑でなければスムースに料金ゲートを通過できます。

しかし、一般ゲートの場合は現金支払のため、支払う間は車を停止させる必要があるため、ETCゲートを通過する車にどんどん抜かれてしまい、悔しい思いをすることが多々あります。

せっかく頑張って高速道路を走り、なるべく目的地までの時間を短縮する努力をしているのに、料金ゲートであっという間に抜かれていくのです。

ETCカードさえ持っていれば、ETCゲートをスムースに走り抜けることができるのに、一般ゲートを通らざるをえないため停止することは、大きな時間ロスになってしまいまいます。

これは、一般ゲートを利用することの大きなデメリットになります。
こんな時、ETCカードがほしいなーっと、強く願うは誰でも同じではないでしょうか。

私も上記のような苦い思いをしていて、どうにかしてクレジットカード審査に影響を受けないETCカードはないものかとネットを探していて、今のETCカードに尋ねあたりました。

今では、スムースにETCゲートを通り抜けることができているので、非常に便利です。料金ゲートで現金支払のため停止する必要が無いというのは、ものすごく便利だと感じています。

▼私もETCカード作れました▼