個人事業主の高速代は法人用ETCカードで費用計算が楽に!

個人事業主の高速代は法人用ETCカードで費用計算が楽に!

個人事業主でスタートした事業で、車を利用して高速道路を走行した場合、その費用はどのようにして経費に計算することが良いでしょうか?
もちろん経費というからには、業務に必要な仕事として高速道路(有料道路)を走行した場合に限られます。

楽になる経費の計算方法と高速道路ETCの利用は、以下の問題点を解決するETCカードが必要になるでしょう。個人事業主がETCゲートを利用するのに、一番楽な経費計算の方法をお教えいたします。

ETCゲートを利用したい場合の3つの問題点

高速道路の料金しょで、ETCゲートを利用したい場合、次章に揚げるような3つの問題点が考えられます。それぞれ、クレジットカードさえ持っていれば問題が発生しないのですが、どうしても個人事業主の場合は専用の法人クレジットカードの作成が困難なケースがあり、ETCカードを所有できないという環境に陥っている方が多いようです。

結論を申し上げると、ETCカードはクレジットカードがなくても作ることが可能です。
しかも、個人事業主や新会社など、社会的な信用がほぼない状態であったとしても、ETCカードを利用できる仕組みがあるのは、ありがたいことです。

①問題点:個人用クレジットカードで業務使用が混在は面倒

ETCゲートを利用する場合は、クレジットカードの作成が基本です。しかし、法人用のクレジットカードやビジネスカードの審査&作成が面倒なため、個人用のクレジットカードをそのままETCカード付与して、業務に使っている方は多いのではないでしょうか。

その場合の問題点は、個人のクレカ利用と業務でのクレカ利用が混在してしまい、クレジットカードの明細を見ながら、個人と業務の利用歴を仕分けするという面倒な作業が必要になります。

この面倒な仕分け作業を出来れば避けたいところです。

②問題点:現金ではレシート管理とゲート通行がボトルネックに

高速道路のETCゲートを通りたいけど、ETCカードを所有できないため、現金支払いで一般ゲートを通過している場合は、高速での走行車線横断や、ゲートでの一旦停止での時間の無駄も含めて、デメリットが多いといえます。詳しくは、以下の別ページをご参照ください。

参考:

また現金で高速道路の料金ゲートを通過した場合は、レシートの管理を保管&管理を行う必要があり、非常に面倒です。レシートをなくしてしまったら、経費として計上できる料金分を損金扱いできなくなりますし、その分、支払う税金が増えてしまう可能性があります。

いずれにしても、現金での支払はデメリットしかなく、早急にETCカードの導入を考えたいところです。

③ 問題点:個人事業主で法人用クレカが作成できない場合

個人事業主で法人用クレカを作成しなえれば、法人専用のETCカードの利用ができないため、個人用クレカを利用するしかありません。そのため、どうしても法人用のETCカードが必要となると、クレジットカードを保有しなくても利用できるETCカードの存在が不可欠です。

個人事業主に便利な「クレジットカード無し」のETCカード

一般的に知られているETCカードの利用基準として、以下のものがあるでしょう。

■クレジットカードがある場合
クレジットカード会社のETC機能を申し込む。

■高速道路会社のETCパーソナルカード
以下の6社が発行する高速道路会社のETCパーソナルカードは、事前保証金2万円が必要です。
NEXCO東日本/中日本/西日本、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社

といっても、月平均利用額が5,000円の場合は、保証金が2万円となっていて、利用額が大きくなると保証額も大きくなるのが特徴のため、非常に使いにくいETCカードと言えます。

たぶん、使っている人はいないのではないか、と思えるほどの使いにくさです。

月平均利用額 保証金額
5,000円 20,000円
10,000円 40,000円
15,000円 60,000円
20,000円 80,000円

そのため、出資金1万円(退会時返金)と、事務手数料5%(利用金額×0.05)を支払っても、「ETC協同組合」「高速道路情報共同組合」のETCカードのほうが、使い勝手が良いといえます。

特に個人事業主の方には、便利なETCカードです。

▼私もETCカード作れました▼